プロミスのおまとめローンの利用の仕方と審査の流れについて

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

プロミスのおまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでプロミスのおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

多重債務を1本化できるプロミスのおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

プロミスのおまとめローンの審査でつまづいている人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

プロミスのおまとめローンについてみても、審査基準については勤続年数は長いほど安定性があると判断され非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利だといいます。

審査の流れとしては審査申し込みはWEBなどでしたほうが時間が早いということもいわれていました。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんのでなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

なお、多重債務者の場合はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査に通りにくいということも事実です。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

プロミスみたいなおまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

借金に困っている人も多いのではないでしょうか。アイフルやプロミスのおまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

プロミスのおまとめローンの利用の仕方と審査の流れについてみていく場合、まずはプロミスの審査に通らないと利用ができません。

こういった場合、審査に通る基準というものに沿って考えていきます。プロミスのおまとめローンの審査が甘いという声もあるようですが、審査基準や申し込み基準をみても決して甘いとはいいきれません。

ただ口コミなどでは思いのほかすぐおまとめローンを借りれたとか、審査時間が早いという口コミも多いようでした。

引用:http://www.urbanwallflower.com/promise.html

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンを利用することで月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

一般のカードローンと同様にアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので返済総額はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

スマホからでも審査申込ができるプロミスのおまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

プロミスのおまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、プロミスのおまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

プロミスのおまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

プロミスのおまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。