住宅ローンの審査に通りやすい甘い銀行に落とし穴ってある?

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。
やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
それにより、確実に通る。
という風な単純なものではありません。
不合格になってしまう人もたくさんです。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低の判断基準ラインと言われています。
住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、選べずにいるという方がとても多いのです。
自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。
ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。
中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。
後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。
今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。
申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。
新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。
更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。
個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。
将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。
親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、1割である11万円を税金として払う必要があります。
なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

住宅ローンの審査が甘い銀行って?自営業OK?【借りれる金融機関】