住宅ローンを申し込んだらまず審査!

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
「住宅ローン返済が厳しい」という人は住宅ローン借り換えを利用してみませんか?手数料など諸費用を考慮しつつ、返済期間や残高、金利の差を計算してみましょう。
民間金融機関並びに住宅金融支援機構がコラボレーションして新しく作られた公的ローンフラット35も人気です! 諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかるようです。
自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが資金繰りに役立ちます。
申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。
返済期間は人によってそれぞれですが最長35年まで借り入れする事が可能です。
しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。
多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関してはなかなか通りづらい。
という傾向が強いようです。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

住宅ローン借り換え金利ランキング!シミュレーション比較でおすすめは?