クレジットカードで借りたお金の繰り上げ返済って可能?

お金を早く返すと得をする制度を利用した場合、現金自動預払機からクレジットカードで借りたお金のお金を返済する期間を短くしたり、返さなくてはならないお金の金額を大幅に減らすことが可能となります。
でも、融資の契約内容によっては繰り上げて借金を返すことが出来ない場合やある金額を超えた額でない時は繰り上げてお金を返すことが出来ないこともあるので注意してください。
キャッシングはローンと似ていることもあり、混同して使用している人もいますが、厳密に言えば違うものです。
キャッシングとローンの違う点を説明します。
キャッシングは借入金を翌月の返済日に一度に返済します。
ローンは借りたお金を数回に分割して返していきます。
給料日までのその場しのぎなどにキャッシングを利用することが度々あります。
昔であればキャッシングを利用する時に1万円からという設定の会社がほぼ全てでした。
しかし今時では千円毎の申し込みができる会社も増加してもし初めに借り入れた金額が1万円であったにせよATMを使ってお金をおろすときには千円単位でOKを出している会社もあります。
融資とは消費者金融などから小口の資金を融通してもらうことです。
ふつう、お金を借りるときには自分以外に、保証債務を請け負ってくれる人や担保となる物件が要ります。
ですが、キャッシングの場合は保証人や担保がいりません。
本人確認ができる書類だけで、お金を借りることができます。
消費者金融を使い、負債を抱えた人が行方をくらました場合には、返済するべき負債に時効というものは定められているんでしょうか?あるとすれば、どこへ行ったか分からなくなってしまったことにして、特定できない場所にひそんで借金の時効が経過したら帰る       などという発想をする方もいるのではと思われるのです。

クレジットカードは総量規制にかかる?キャッシング!【総量規制とは?】