背中ニキビは市販薬で改善できる?

 

あなたは、気が付くと出来ている背中ニキビに悩まされていませんか?背筋のラインは意識して見ない限り自分では見えにくい部分です。なので、まさか顔のように吹き出物が出来ているとは気付きにくく、発見した時にはすでに悪化していたりしてなかなか治りにくいものですよね。

 

そんな時、とりあえず専用のスキンケア商品を使って治療をする方は多いと思いますが、それでも治らないという方は結構多いようです。それには人それぞれ色々な要因があって、その要因ごとに対処法が異なるからなんですね。また、手が届きにくい場所なので、お手入れ方法が限られたり上手くケア出来なかったりしていると思います。

 

そこで、こちらではそんな方のために背中ニキビの治療法を色々とご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。石鹸一つをとっても色々な種類があるし、専用のタオルやスプレーなど対策アイテムは沢山あります。それから、人気のエステや皮膚科での受診も効率的に治療できる方法なので、色々な方法をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

その前に、まずは背中ニキビが出来てしまう要因について考えてみましょう。皮脂分泌が多い場所に出来てしまうのがにきびなので、ほとんどの要因が顔に出来る物と同じです。偏った食生活や睡眠不足など不規則な生活、ストレス等によるホルモンバランスの乱れが関係しています。これらに一つでも該当するのであれば見直してみましょう。

 

ただし、要因はそれだけではありませんよ。シャンプーやリンスなどのすすぎ残しも関係しています。石鹸やボディーソープで身体を洗う時も、同じようにすすぎ残しがあれば要注意ですね。また、手が届きにくい場所ということで、十分に洗えていないというのも問題です。反対に、タオル等でゴシゴシと力任せに洗うというのも、肌に刺激となってしまうので良くないですね。それら生活習慣を見直してみる事から始めてみて下さい。

 

しかし、それら習慣を見直しても治らない場合には、現在使っている石鹸やシャンプーなどスキンケア商品を見直してみましょう。また、知らないうちに乾燥している事もあるので、スプレーローションを使うのもお勧めです。スプレーなら塗りにくい背面でも楽にスプレー出来ますよ。スプレーはここ数年でかなり流行っていて、今では色々な種類のスプレーが販売されています。背面にまんべんなく塗布できるのがスプレーのメリットですね。

 

ちなみに、治療法の中で一番の近道なのは皮膚科を受診する事です。皮膚科で専門医の診察と治療を受ける事で、最適な対処をすることが出来ますよ。皮膚科では、治りにくいにきび跡が治る可能性も高いので、症状が悪化している方には特に皮膚科をお勧めします。同じ保湿スプレーであっても、やはり医薬品のスプレーの方が効き目が高いですからね。あなたに合った治療法を見つけて、夏服や水着、ドレスを素敵に着こなしましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

背中ニキビとは?


背中ニキビというのは、読んで字のごとく背筋のラインに出来てしまう吹き出物のことです。

 

それは、体質だったり生活習慣だったりと発生原因は色々ですが、いずれにしても何となく不潔な印象を与えてしまうものですよね。

なので、とにかくスキンケアには気をつけていた私でしたが、背面に出来てしまうのは盲点でした。

 

考えてみれば、毛穴があって皮脂分泌が盛んな場所なら、どこでも吹き出物が出来る可能性はありますよね。

 

という事は、汗をかきやすい背中というのは、顔と同じくらいきちんとケアしておかなければいけない場所という事になります。

 

さて、そんな背中ニキビの症状は、炎症を引き起こした赤ニキビが多く、自分では気がつかないのに他人から見るととてもよく目立ってしまうものです。

 

もともと肌にあるアクネ菌のせいで背中ニキビが出来てしまうんですが、そのほとんどはシャンプーやリンスをすすいだ時に、そのお湯が肌に残ってしまうのが原因のようですね。

 

あとは、直接手が届かない部分なので、どうしても洗い残しがあったりすることも原因のようです。

 

しかも、毎日見る部分ではないので初期段階で気がつくことが出来ず、炎症を引き起こして痛みを感じたり、ボツボツ状態がひどくなってから気がつくことが多いのが背中ニキビです。

 

顔の場合もそうですが、吹き出物は早い段階でケアをしないとなかなか治らないものです。

 

背面の場合だと、ケアしにくい事から余計に治るのが遅くなってしまったりして、にきび跡が残ってしまうという事も多々あります。

 

そのため、とにかく背中ニキビが出来てしまったら、原因をきちんと把握して早く治療することが大切になります。

 

主な原因について


どんな吹き出物でもそうですが、背中ニキビが出来る原因もアクネ菌が繁殖して起こってしまうものです。

 

アクネ菌というのは、基本的に皮脂を栄養分として繁殖していくので、皮脂分泌が過剰な部分や、汚れが皮膚に残っている部分にニキビが出来てしまいます。

ただし、背中ニキビで悩んでいる人は、顔で悩んでいる人よりも若干少ないというのが現状です。

 

これは、顔に比べると背中の方が少しアクネ菌が少ないことから、背中ニキビが発生する人も少し少なくなっているようですね。

 

しかし、根本的な原因はアクネ菌ということになりますが、それを増やしてしまったり繁殖しやすい環境を作ってしまうのが背中ニキビの原因なんです。

 

まず一番多いのは、シャンプーやリンスをすすいだ時のお湯がお肌に残ってしまっていることです。

 

せっかく石鹸やシャンプー等で体や髪の毛を綺麗に洗っても、すすいだ時のお湯が背に残っていては、結局汚れを肌に残してしまうことに変わりありません。

 

もう一つは、体を洗う時に手が届かず、背筋の部分などをしっかりと洗えないことにあります。

 

背筋のラインは特に皮脂分泌が盛んなので、長い間洗い残してしまうとニキビが出来てしまうんですね。

 

あとは、積極的な原因にはなりませんが、脂肪分や油分の多い食事を摂っていたり、甘いものを過度に食べ過ぎるのも原因になったりします。

 

寝不足やストレスで疲れていたりしても、お肌の抵抗力がなくなってアクネ菌が繁殖したりするみたいです。

 

いずれにしてもお肌の状態を不潔にしてしまったり、アクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうのが、背中ニキビの原因という事になりますね。

背中ニキビを治す方法ってあるの?

思春期頃、ニキビはできやすく、赤ん坊には起きません。

よく発生するのは、いわゆるオムツかぶれなどのかぶれと言えます。

赤ちゃんの肌は、とても繊細で、すぐにかぶれが起きてしまいます。

ニキビとかぶれは似て非なるものです。

赤ちゃんの素肌に何か異常がおきてしまったら、なるべく早く病院で診察を受けてください。

皮膚病の一種だとも言われるのがニキビです。

わざわざにきびが出来てしまったからといって専門の医師に診てもらうなんて大げさ過ぎると、行こうかどうか迷ってしまう方が殆どだと思います。

ですが、皮膚科に行ってきちんと診てもらう事で自分の肌にぴったりの処置をして貰えるので、後になって残りやすいニキビの跡にも効果的だといわれています。

何よりもメリットとなるのが、自分で薬を買いに行ってお金のかかるニキビ薬を購入していた時よりも、格安で信頼できる治療が受けられるのは嬉しいですね。

何をしてもすぐににきび肌になると悩んでいる方は、健康な体づくりに取り組むことをおすすめします。

ぷくっとし嫌なニキビの元となっているのが、普段から甘い御菓子や油をたくさん使う食品等、かなりカロリーの高いものを食べている場合があります。

だからといって好きな御菓子を絶対に食べないというのは、逆にストレスになって沢山食べてしまうかもしれません。

このような時こそ、納豆などの発酵食品や野菜を食べることで腸や胃の消化機能の発達がかなり進むために、何より体質改善には必要不可欠だとされています。

知っての通り、ニキビは女性だけでなく男性も一筋縄ではいかない厄介な問題の一つです。

なるべく背中ニキビが出来る前に防ぐ対策として、様々な方法で工夫している人は沢山います。

とりわけ今、注目しておきたいニキビ予防のお勧めは暖かいお湯を使って顔の汚れを取るというすぐに出来る方法です。

多くの方がにきびがたくさん出来てしまうと、何とかしようと一日に何度も洗顔してみたり、ニキビ用の洗顔料を使って洗いたくなるものですが、潤いを保つ油脂まで落としてしまう事があるからです。

前からニキビ跡というのは、大きな悩みの一つとなっており肌にくぼみができたようなクレーターに悩まされたり、全体的に肌の色が黒っぽくなるといったトラブルがあります。

こうしたクレーターは肌の印象を大きく左右してしまうので、適切な処置をしてくれる評判の良い皮膚科に行き、ちゃんとした診療をしてもらって治していかないと、つるつるの肌に戻す事は極めて難しいでしょう。

顔の印象が暗くなってしまう黒ずみを何とかする為には、肌を白くする化粧水や乳液も販売されておりこちらを使えば、地肌がより薄くなるという方法もあるのです。

どうしても気になるニキビを何とかする為に握り潰すと、透明や黄色がかった色の膿が出てくるはずです。

そして更に奥からじゅっと潰すと白っぽい芯が出てきます。

白い固まりのようなものがニキビの原因で、強引に潰して芯を出すことは、肌を傷つけることになるので早く綺麗に治したい方は決してやってはいけません。

その上、この方法は敏感な肌により大きな負担がかかり更に皮膚の炎症を広げてしまう恐れがあります。

酷い場合には、傷跡として残ることも考えられるので正しい方法でケアしてあげる事が大切です。

気になるにきびは潰してしまいがちですが、どうなのでしょうか。

ご存知ない方もいらっしゃると思いますが潰しても良い背中ニキビと、力で潰してしまってはいけないものがあるのです。

万が一過って潰したとしても良いニキビというのは、赤く腫れていたものがおさまり小さくなって、中に白く溜まった膿が出来ている状態のものです。

今の状態のようにある程度落ち着いたものであれば、膿が外へ出る準備をしている状態ですので、清潔な状態にしてある専用の器具や針を使うのであれば、つついてしまっても特に大きな問題はありません。

吹き出物が出来ると気分が滅入ります。

ところが、お肌の調子ってお腹の調子と深く関係があるらしいので、腸内の環境を良くしたら、結構きれいになくなってくれます。

まずは、腸内すっきり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維豊富な果物を食べて、いらないものを体から排出していったら、ニキビもさっぱりなくなります。

いつも洗顔などで綺麗にしていても、なぜかニキビができることは誰にでも起きることでしょう。

ニキビ予防の方法は、洗顔などのケアをして清潔にするのは当たり前のことですが、バランスよい食事や十分な睡眠といった体調の管理も大切になります。

皮脂が必要以上に毛穴に溜まってしまうと、ニキビをつくる原因の一つになると言われています。

ついつい気になってしまい角栓を指で押し潰して中に詰まっている芯のようなものを出してしまいますが、そうするとニキビ跡を作ってしまう原因になります。

まずは角栓をつくらないようにする為の予防として、また悪くさせない為にも、今すぐに出来るのが肌を清潔にし保湿ケアをきちんと行うことです。

必要以上の皮脂が毛穴に残らないように十分注意することが、ニキビを予防する為にはとても大切なのです。

実は私が成人を迎えたばかりの頃にこんな経験をしまして、まるで表現出来ない程の痒みが私を襲い背中を見てみると、赤くふっくらしたものが沢山発生していました。

直ぐに、診てもらうために皮膚科に行きました。

その場ですぐに検査してもらい、ドクターから言われた事は「検査してみたところ、このおできはニキビです。

考えられる原因としては、偏った食事にあるでしょう。

いつも好きな物だけを食べたり、油物が多いのでは?」と言われその通りだったので何も言えませんでした。

最も大きな原因は好物のチョコレートにありました。

冬は乾燥が気になって色々と皮膚のお手入れを行いますが、それが反対にニキビの数が多くなるきっかけになっているように考えるときがあります。

通常は使わないような基礎化粧品などを使うことが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。

ご存知ない方も多いのですが妊娠初期には、ホルモンバランスに大きく栄養をきたすことがあり、異常にニキビが出来てしまう事があります。

また妊娠している状態が精神的にもストレスを起こし、吹き出物として現れてくる原因だといわれています。

今の状況を何とかし、キレイな肌を取り戻そうとくすりの力を借りることは絶対にいけません。

身体の中から健康にしてホルモンが異常を起こさないように、今の状況を少しでも楽しめるように工夫してみて、気持ちよく過ごせるように色々試してみましょう。

背中ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳以上の大人はニキビとは言わないななんてよく聞きます。

つい先日、珍しく鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」と、バカにされました。

にきびの原因とも呼ばれているのがアクネ菌です。

直接、お肌に触れることの多い洗顔タオルなどを自分以外の誰かと共有して使用するのは実はとても危ないのです。

且つ、例え家族でも直接手に触ってしまった時にそのままにして触れた手を洗わずにほうっておくと、全く知らない人でも触れてしまった以上、アクネ菌がうつる恐れがあると何人かの方が証言しています。

それ以外にも自分のニキビに直に触れた手で、ほっぺや鼻といった他の部分に触れてしまうと、そこにニキビが発生する場合もあるので気をつけましょう。